医院のご案内診療のご案内フォトギャラリーHOME

診療のご案内

液体窒素療法

一般的なウイルス性のイボや老人性イボ(脂漏性角化症)、尖圭コンジローマなど様々な皮膚疾患に、液体窒素療法を行っております。

ウイルスにより生じたイボに超低温の液体窒素を接触させると、感染した細胞は瞬時に凍結され壊死します。

1〜2週間後にはかさぶたが取れ、皮膚の深いところでウイルスに感染している細胞が皮膚の表面近くへ押し出されてきます。

多くの場合は完治まで治療を繰り返す必要がありますが、1回の治療で終了できる場合もあります。

当院では、綿棒に液体窒素を染み込ませ患部を急激に冷やす従来の方法に加え、痛みが少なく、皮膚のより深くまで浸透しやすいスプレー式の液体窒素療法も行っております。

※液体窒素療法は保険適応です。

治療後の注意点

  • 治療後に水ぶくれ、血豆、痛み、内出血が生じることもありますが、いじらないようにしてください。時間の経過とともにカサブタになり、はがれ落ちていきます。
  • 水ぶくれなどが自然にやぶれてしまった場合は、ガーゼで保護して清潔にしておいてください。
  • 痛みは2〜3日前後で徐々におさまることがほとんどです。

診療のご案内 > 皮膚科一般|液体窒素療法|スーパーライザー紫外線治療アレルギー検査しみ治療(外用薬)日帰り手術光治療光脱毛炭酸ガスレーザー治療ケミカルピーリングファーストピアス男性型脱毛症病診連携

Copyright © Chofu Skin Clinic . All rights reserved.  無断転載を禁じます